From the West to the East.〜maztoya's blog〜松任谷愛介日々彼是。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク
    謝罪 00:08
    0


      謝罪

      ・・・とは、さぞや惹き付けられるタイトルに違いない。別にここで謝るつもりはありません。日本の奇妙な現象をマジで不思議に感じるので、ブログに書き記したいだけである。

      いま日本で流行っている「謝罪」。90度(またはそれ以上)曲げて「誠に申し訳ございませんでした」というやつである。謝罪会見には欠かすことのできないアイテム。政治家も芸能人も、はたまた失敗した企業の社長さんも、メディアを前にして同じことをやって謝罪するのは、不思議を通り越して滑稽に感じる。現代版「土下座」ということなのだろうか。

      数年前のロンドンでの出来事が忘れられない。

      名古屋に本社をおく某自動車メーカーの日本から来る200人の豪華レセプションのプロデュースを依頼された。潤沢な予算を使って、自然史博物館の大恐竜の骨の前に円卓を組み、司会は庄野真代さん、アトラクションにはダブリンからリバーダンスとケルトグループを呼んで、華やかなショーを企画プロデュースした。メーカーの秒単位の厳しい注文のなか、食事は英国王室御用達のナンバー1ケータリング会社を使って、メインのアンガス牛のサーロインステーキトルネード風を中心に、最上級の料理を作ってもらうことにした。

      事件は自然史博物館のバックヤードで起きた。

      仮設の厨房で、あろうことか王室御用達のケータラーがステーキ肉を地べたに落としてしまったのだ。少なくともそんな内容の釈明を後から聞いた。肉が1枚足りなくなった。その場のとっさの判断、これが英国らしいのだが、一番優しそうなお客様のそばに行き、肉が足りなくなったのでナスで我慢してほしいと頼んだという。そのことが自動車会社に伝わり、それはそれは大変なことになった。

      アトラクションの内容も構成も、秒数も満足の行くできであったが、ステーキ肉1枚に泣いた。

      主催者と間に立った旅行代理店から大目玉を喰い、翌早朝にホテルに出向いて、バスに乗り込むご一行様全員に頭を下げまくることとなった。旅行代理店はこれでも不十分と判断して、僕に名古屋に飛んで直接謝罪するよう迫った。ケータリングの失点を除けばプラスだったはずだし、日本流減点主義にはどうも納得いかないし、僕にもプライドがあるし、初めは断固として名古屋行きを拒絶していたが、経理の人から「松任谷さん、頭を下げればお金が振り込まれるんですから、行ってくださいよ」と説得され、いやいや名古屋に向かったのである。

      そして担当の課長に直接謝罪。深々と下げた頭の中で考えていたことは、心からの謝罪であったはずはなく、この謝罪でいくらお金が戻ってくるかであった。

      真摯に謝罪されている方々を同類扱いにするつもりはないが、謝罪とは「落とし前」をつけることであり、一種のセレモニーだと感じるのである。そしてそのセレモニーなしでは終われないギャラリーがテレビやyou tubeの前にいる。本当に心から謝りたかったら、相手の目を見て、自分の言葉で気持ちを伝えることでしょう。

      それにしても最近の謝罪は少し行き過ぎていないか?

      相手が潰れるところまで見届ける悪意を感じることがある。出たクギの最後のひと叩きをして、相手を再起不能な状態に追い込むようなやり方は好かない。

      英国人だったら「そこまでして謝る必要はありません。アナタにも未来がある。もう忘れましょう」と言ってシェークハンドするのではないだろうか? 日本もオトナの社会にならなければいけない。


      | クロスカルチャー | comments(0) | - | posted by maztoya
      スポンサーサイト 00:08
      0
        | - | - | - | posted by スポンサードリンク
        Comment








        << NEW | TOP | OLD>>