From the West to the East.〜maztoya's blog〜松任谷愛介日々彼是。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク
    クリスマスクラッカーの謎(上) 16:44
    0
      英国、冬の風物詩

      10月最終の土曜から日曜に変わるとき、夏時間から冬時間に変わる。時計を1時間先に進めなければならない。日没の時間がこの日を境に5時半から4時半になる。いよいよ憂鬱な季節の到来である。ノイローゼで自殺する人が急増するらしい。こんな暗くて寒い英国で生きていくための知恵なのか、この時期、宗教的なイベントが相次いで行われる。

      ハロウィンは10月最終週。スーパーでは大きなかぼちゃや仮装コスチュームが並ぶが、どうも英国のハロウィンは地味で盛り上がりに欠ける。たまに近所で子供達が悪魔や魔女に変身して「トリック・オア・トリート?」と、お菓子を貰いに家庭を回る姿を見かけるものの、そこは保守的な英国人家庭で育った子供たちのこと、決してアメリカ人の子供のように快活に遊びきれないで、親の目の届く範囲で遠慮がちにハロウィンを楽しむ。英国政府も、知らない家には行かないこととか、貰ったお菓子は親に確認してもらうことなどと警告を出している。米国流の派手なハロウィンは英国には馴染みそうもない。

      11月5日はガイフォークスデイ。むしろ英国人はこちらにフィーバーする。ガイフォークスという人物の国王暗殺の企てが失敗したことを祝う日。日本では打ち上げ花火は夏の風物詩だが此処では冬の特権。ワーグナーやエルガーの吹奏曲の生演奏に合わせて、これでもかと云う程の花火が、各公園やテムズ川沿いで打ち上げられる。日本の花火のような綺麗さはないが、火の粉が頭上に落ちてくるほどの近さで見ることが出来るのがいい。首の悪い人は要注意である。ヒースローに入るパイロット達もまた大変だろう。

      さて、それが終わると街はいっせいにクリスマスの飾り付けとなる。中でもリージェント通りのイルミネーションは必見。毎年有名アーティストがスイッチを入れるのが慣習となっている。パブやガソリンスタンドにはモミの木が山積みとなり、皆、車で買い付けにきて、家の表通りから一番見える部屋にツリーを飾る。一通りの仕度が済んだら後は静かに厳かにクリスマスを迎えるのみ。24日の夜は近所の子供達が賛美歌を歌いに各家庭を回り、人々は聖なる夜の施しを渡す。その施しは教会に集められ、クリスマスを祝えない環境の人たちへのプレゼントとなる。

      12月に入るとクリスマスパーティーが解禁だ。家族や親類を集めたクリスマス、会社の同僚たちのクリスマス・・・場面はさまざまだが、たいていの場合、ディナーパーティーは大きなテーブルに男女交互に座るようにアレンジされ、そこに無くてはならないのがクリスマスクラッカーである。


      (次号に続く)




















      | クロスカルチャー | comments(0) | - | posted by maztoya
      スポンサーサイト 16:44
      0
        | - | - | - | posted by スポンサードリンク
        Comment








        << NEW | TOP | OLD>>