From the West to the East.〜maztoya's blog〜松任谷愛介日々彼是。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク
    クリスマスクラッカーの謎(下) 16:44
    0



      (前号からの続き)

      謎だらけのクリスマスクラッカー


      クラッカーといっても季節の食べ物ではない。これは英国で160年に渡り親しまれている伝統的なクリスマスグッズである。

      全長30センチほどのキャンディーのお化けみたいなクラッカーは、その両端を隣の人としっかり握って、「せーの!」で勢いよく引っ張ると、独特の小気味のよい破裂音を発しながら中心部が破け、中から紙製の王冠、小さなプレゼント、そしてジョークが書かれた紙切れの3点セットが飛び出す。

      150年前、英国のケーキ職人トムスミス氏が、パチパチ燃える暖炉の火を見ながらケーキの販促品として考案したのがきっかけ。これが英国で瞬く間にブームとなり、以来クリスマスクラッカーを引っ張る習慣は英国クリスマスには無くてはならぬものとして代々受け継がれ、子供から大人までこよなく愛され続けることになる。

      12月に入ると英国では、デパート、スーパーから雑貨屋まで街中の店にクリスマスクラッカーが一斉に並ぶ。カラフルな箱が山積みとなってクリスマスデコレーションの演出に一躍買う事になる。そして待ちに待ったクリスマスパーティー。家族や親類を集めたクリスマス、会社の同僚たちのクリスマス・・・場面はさまざまだが、たいていの場合、ディナーパーティーは大きなテーブルに男女交互に座るようにアレンジされ、そこに無くてはならないのがクリスマスクラッカーなのだ。

      こんな人気商品が英国好きの日本人にほとんど知られていないのはなぜなのだろう? 調べてみたら面白いことが分った。厳しい日本の火薬法の関係で外国産の火薬入りクラッカーは輸入できないのだ。爆発物だから飛行機に乗せてお土産で運ぶことも出来ないという。なるほど面白グッズ大好きな日本人の目に留まらなかった訳だ。

      日本未進出のクラッカーだが、なんと大正11年に、しかも当時の英国皇太子エドワード・アルバート殿下によって日本上陸を果たしていた! 

      エドワード殿下といえば屈指のプレイボーイ、国王となったものの米国人女性(しかも既婚)と恋仲になり1年足らず王位を投げ出した男として有名。その殿下の日本滞在は、大正11年4月12日から5月9日までで、英国側の資料によると、渡日にあたって、当時の皇太子殿下(後の昭和天皇)へのご献上品リストの中に、クラッカーが入っていた。英国王室御用達クラッカー会社、トムスミス社による特製品で、極彩色クラッカー4本セット。日の丸の旗と巻物を持った古風な女性と蝶々が交互にクラッカーの上に鎮座しているというエキゾチックな、それでいて見る人の笑みを誘うデザイン。箱の裏面には「クラッカーの中には日本の人形、扇子、日傘、骨とう品の玩具、紙の帽子、そして日本のジョーク(英訳付き)が入っている」とある。

      ところがどういう訳か、当時の日本側の献納品リストにはこのチャーミングなクラッカーの記録が見当たらない。いったいどこへ消えてしまったのだろう。

      考えられるのは、日本側でクラッカーごときのジャンクは「とるに足らぬもの」として、あえて記録に残さなかったのか、あるいは日本に到着されたエドワード殿下が、クラッカーの上の「マダムバタフライ」の世界と現実の日本のあまりのギャップに気付いて、渡しそびれてしまったのか。事実は霧の中である。

      なぜ裕仁親王の手元に届かなかったのかと興味を持った頃、ロンドンの日本大使館筋から意外な情報が入ってきた。なんとエドワード殿下主催の晩餐会の前日、4月16日の午後に、宿泊先の帝国ホテルで出火があり、殿下の随員、従者の荷物の大半が焼失してしまったというのである。クラッカーはもしかするとその目的を達成する前に、遠い異国の地でパチパチと灰になってしまったのではなかろうか?

      洒落たセンスの持ち主エドワード殿下のこと、翌日の晩餐会では宴もたけなわになった頃を見計らって、懐からおもむろに特性クラッカーを取り出して、裕仁親王と両端を引っ張り合ってクラッカー遊びに興じ、中から出てくるユーモアたっぷりの品々を小さな贈り物とする予定だったのではないだろうか。もしそうだったならば、炎にのみ込まれてしまったクラッカーのことを、殿下はさぞお悔やみになったことだろう。

      この英国伝統のクラッカー、火事で焼かれてしまった品の他に2個、レプリカが存在している。ひとつはロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館で、もう一つが実は僕の目の前にある。15年ほど前、今は消滅してしまったトムスミス社の故ディグビー会長が、いつの日か日本の土を踏ませてほしいと僕に託したものだ。そのうちご子息にお返ししなければならないと、そのタイミングを待っているところだ。

      何はともあれもう直きクリスマス。24日の夕方から25日いっぱいは殆どの地下鉄の駅が閉鎖され、商店もそうそうに店終いして買い物も出来なくなる。飛行機の本数も減ってしまう。そして翌26日はボクシングデイでやはり休日だ。前日まで手紙やプレゼントを運んでくれた郵便屋さんへのお礼の休みだという。不便? 初めての年は戸惑ったが慣れれば何という事はない。古くからの習慣を守り続ける英国は、暗い冬でも居心地がいい。

      僕も仕事納めして、正月まで長〜い休みに入るのだ。


      (本稿は月刊ナイル寄稿文に加筆修正したものです)



      | クロスカルチャー | comments(0) | - | posted by maztoya
      スポンサーサイト 16:44
      0
        | - | - | - | posted by スポンサードリンク
        Comment








        << NEW | TOP | OLD>>